2010/07/23

中国警察、陳情者と勘違いして高官夫人を袋だたき


 中国で私服警察官が地元政府高官の妻を一般陳情者と間違えて、殴って袋だたきにするという暴行事件が起きた。21日付のチャイナ・デーリーが報じた。事件はインターネットでも話題となっている。
 記事によると、事件が起きたのは先月。湖北省の法執行官の妻が夫を訪ねて省共産党政法委員会本部がある建物に入ろうとしたところ、公安当局者6人に攻撃された。暴行は16分間以上にわたって続いた。

 夫人がその後、夫に電話をかけたことから、勘違いが発覚。病院に運ばれた夫人の元には警察幹部から丁重な謝罪があったという。

 チャイナ・デーリーでは「まったくの誤解だった。警察官たちは幹部の夫人を殴っているとは全然気付かなかった」という地元の共産党のトップの釈明を掲載。

 このコメントに対し、夫人と同じ病棟を訪れていた市民は「警察は高官の妻を殴るのはいけないが、一般市民には暴力を振るってもいいということなのか」と怒りをあらわにした。[北京 21日 ロイター]


ホッホッホ バチが当たったか。陳情者に対する暴力はひどいね。似たようなことが動画サイトにもいろいろ載ってるけどこんなこといつまで続くのか。

注:記事と動画は別のものです。

http://www.youtube.com/watch?v=YoZb42EWILQ

2009/02/03

ピンポンダッシュでアルバイト少年(18)を書類送検!

他人の家の呼び鈴を押して逃げる「ピンポンダッシュ」を繰り返したとして、下鴨署は、3日にも京都府迷惑行為防止条例違反(押しかけ行為)の疑いで、京都市左京区のアルバイト少年(18)を書類送検する方針を固めた。

同署によると、「ピンポンダッシュ」の行為をこの条例で立件するのは初めて。

 調べでは、少年は昨年11月下旬と12月上旬の深夜、左京区内に住む知り合いの中学3年の女子生徒(15)宅の呼び鈴を用がないのに繰り返し押して逃げ、生徒や母親(34)の生活に迷惑を掛けた疑いが持たれている。

 下鴨署によると、少年は「(女子生徒に)悪口を言われたと思い、嫌がらせをしようとした」と供述している、という。

2月3日8時49分配信 京都新聞

哀れ、被害妄想少年 悔い改めよ!

2007/02/11

授業をさぼって懲役2週間!

[ 2007年02月09日 13時08分 ]

 ドイツ東部ゲーリッツに住む女子高校生(15)が授業をさぼりまくった結果、なんと懲役2週間の実刑判決を受けた。サクソニー州教育省が7日、明らかにした。

同省によると、少女の両親が罰金を支払わず、少女自身が地元のボランティア活動を拒否したことを受けて、地裁がこの判断を下したという。

ドレスデンにある同省の広報は、この件に関するコメントを拒否した。

少女は2カ月以内に、2週間の刑期を務めるために刑務所に出頭しなければならないそうだ。

[ドレスデン 7日 ロイター]
[日本語訳:ラプター]

高校の授業さぼっただけで刑務所入りとはかなりきついな。前科者になってしまうのか、、、

2007/02/07

「永遠の抱擁」、5000年前の男女か=イタリア発掘調査


 イタリア北部のマントバ近郊で、5000─6000年前に埋葬されたとみられる抱き合った男女の遺骨が見つかった。

発掘調査チームの責任者、エレナ・メノッティ氏は、「これまで新石器時代に2人一緒に埋葬された例はもちろん、こんな風に抱き合った形で発見されたことはなく、驚くべきケースだ」と語った。
 
同氏によると、埋葬されていた2人は男女にほぼ間違いなく、彼らの歯がほとんど原型のまま磨耗もしていないことから、未確認ではあるが若くして死亡したとみられるとの見解を示した。
 
同氏はまた、ロイターに対し「遺骨を発見した時、われわれ全員がとても興奮しました。私はこの仕事を25年間続けており、ポンペイをはじめあらゆる有名な遺跡の発掘に携わりましたが、これほど感動したことはなかった」と述べ、今回の発見がこれまでの発掘をしのぐほどの特別なケースだと説明した。
 
発掘調査チームでは、今後発掘された遺骨の死亡時の年齢や埋葬された時期の特定を進めることにしている。

[ローマ 6日 ロイター]

5000年の抱擁です。

バスを乗り間違えてから25年、タイの女性が家族と再会

 間違ったバスに乗ったまま行方が分からなくっていたタイの女性(76)が、25年ぶりに家族との再会を果たした。関係当局などが6日に明らかにした。

 現地紙によると、イスラム教徒であるこの女性は25年前、マレーシアでタイ南部ナラチワット行きのバスに乗ったつもりで別のバスに乗車。目的地から1200キロも北に離れた場所に到着してしまい、そこから南を目指して乗ったバスで、さらに700キロ北に行ってしまったという。

 女性はタイ語の会話や読み書きができず、路上生活などを経て、1987年に近くのホームレス施設に入れられていた。

 今回の家族との再会は、同施設に働きに来ていたナラチワット出身の学生3人が女性に話しかけたことがきっかけ。同施設の関係者はロイターに対し「イスラム教徒の格好をした学生らが彼女を訪ねて会話し始めたのを見て、彼女が話せることが分かったのです」と述べた。

[バンコク 6日 ロイター]

バスを乗り間違えて25年とは!この人、人生の三分の一が迷子ですか。

2007/02/05

訓練サボり、1人海釣り 空自技官

航空システム通信隊に所属する40代の技官が、命じられた訓練をサボって海釣りをしていたとして、航空自衛隊は5日、この技官に対し6日から停職5日の処分にした。

技官は「釣りがしたくて仕方なかった」と説明しているという。技官は昨年10月、長崎県・福江島のレーダー基地での訓練参加を命じられたが、宿泊していた基地内の隊舎を1人で抜け出し、遊漁船に乗って海釣りに出掛けた。



[ 2007年2月5日12時31分 ] (共同通信)

空自のハマちゃんですな。「釣りがしたくて仕方なかった」とはつり好きにはこの気持ちがわかるのかもしれない。

2007/02/02

住宅地に黒毛和牛!食肉市場へ向かう途中逃走

群馬県前橋市で1日、黒毛和牛が住宅地を歩いているのを通行人の女性が見つけ、110番した。

 前橋署によると、黒毛和牛は2歳のメスで体重は約600キロ。牛は午前8時20分ごろ、トラックで埼玉県川口市の食肉市場に向かう途中に逃走。畜産業男性(66)らが、牛をトラックからトラックへと移し替えるすきを見て逃げ出したという。

 牛は近くの専門学校の駐車場に逃げ込んだが、たまたま近くにいた機動隊約20人が包囲。かなり興奮していた様子だったが、午前10時40分ごろ、おとなしく車に乗り込んだという。

 捕獲の際に麻酔銃の使用も検討されたが、男性らの強い希望があって中止。それでもけが人はなかった。捜査関係者は「麻酔を使うと精神的なショックで肉が硬くなってしまうのではないか」と話した。



[ 2007年2月2日8時00分 スポーツ報知 ]

残念だったねオネエチャン、うまく逃げられれば食べられずにすんだのに。

2007/01/27

中国でニワトリ約400羽が死亡、原因は子供の叫び声

[北京 24日 ロイター] 中国東部の江蘇でニワトリ400羽以上が死んだ事件で、裁判所は4歳男児の叫び声が原因だったとの判決を下した。24日付の南京晨報が報じた。

 同紙が付近住民の話として報じたところによると、男児は犬を怖がって悲鳴をあげ、ニワトリ小屋の窓のところで長い間叫んでいたという。

 同紙は「近隣の1人が男児の叫び声を午後に聞いたと警察に証言しており、別の住民は男児がニワトリ小屋の窓辺で叫んでいたことを確認した」としている。

 裁判所は、男児の叫び声が「唯一の不測の異常音」だったとし、おびえたニワトリがお互いに踏みつけあったことで、443羽が死亡したと結論付けた。

 男児の父親は、ニワトリの飼い主に対する1800元(約2万8000円)の賠償金支払いを命じられた。



[ 2007年1月26日17時36分 ] (ロイター)


にわとりが神経質なのか、男の子の叫び声が異常だったのか? 「叫び殺す」という方法があったとは。

英国で「枝豆ブーム」=ヘルシーさ受け、需要急拡大

【ロンドン26日時事】すしなど和食の人気が高まる英国で、今度は枝豆が脚光を浴びている。

レストランや小売店での需要が急拡大しており、デーリー・エクスプレス紙は、栄養価の優れた「驚異的な豆」と紹介した。

 枝豆は当初、日本食材店などからアジア系住民が購入する程度だった。しかし、ビタミンや繊維質が豊富なことから、次第にヘルシー志向の強い英国民の間で注目されるようになった。

同紙によると、日本食レストランでの注文量は過去10年間で20倍以上に拡大したという。 

[時事通信社]


私は大の枝豆好き、居酒屋では必ず注文する。品切れだとかなり機嫌が悪くなる。